カーローンガイド目的別に借りるローン中の車 売却

ローン返済中の車を売却したい場合

カーローンを返済中の車を売却したい場合は?基本的な知識、商品の紹介、注意点など。
「ローン(銀行系)」と「クレジット(信販系)」で、条件・方法が異なる。

車の「所有権」がポイント

車のローンを返済中、より希望にあった車に買い替えたい場合、また友人・知人に車を売りたい場合など、ローン中であっても車の売却は可能でしょうか ... ?

基本的には、ローンを完済してから下取りに出すのが理想ですが、返済中であっても車を売却する事は可能です。ただし、現在のカーローン借入先が銀行などの金融機関なのか、信販会社なのかでその条件・方法は異なります。

ここでポイントになるのが、車の「所有権」。これは車検証に記載されているものですが、この所有権があなたのものでないと、車を売る事はできません。所有権が信販会社などにある場合、ローンを完済し「所有権解除」を行う事により、はじめてあなた名義の車として売却する事が可能になります。

まず、現在返済中のカーローンが銀行などの「ローン(銀行系)」の場合、融資により(お金を借りて)車を購入するので、その名義(所有者)は購入時から購入者になります。車検証の所有者の欄にはあなたの名前が記載されているはず。よって、ローン中であっても、車の売却は自由です。

それに対し、現在返済中のカーローンが信販会社などの「クレジット(信販系)」の場合、ローンの返済が終わるまで購入者は「使用者」という概念のため、完済まで車の名義(所有者)は信販会社にあります。車検証の所有者の欄には信販会社や販売店の名前が記載されているのでは。よって、ローン中に車を自由に売却する事はできません。販売店(ディーラー)のローンなどはこちらに分類されます。

ローンとクレジットについての詳細 » カーローンとクレジットを比較!

そして「クレジット(信販系)」を利用している場合、返済中に車を売るためには以下のうちいずれかを行う必要があります。

クレジットを完済した場合は、当然「所有権解除」ができるので、車はあなたの所有物になり、自由に売却する事ができます。

買取店への売却代金で残債を返済する場合、車の査定額がローン残債を上回る場合には問題なく車を売る事ができ、その差額があなたに支払われます。その逆に、車の査定額がローン残債を下回る場合、その差額を支払う事で車を売る事ができます。差額のための現金が用意できない場合には、新たに買取店が扱うローンに組み替える事も可能です。(当サイトのおすすめ » )

カーローンの残債を返済し、所有権解除を行うためのローン商品もありますので、これらを利用するという方法もあります。(当サイトのおすすめ » )

車を買い替える場合、新しく購入する車のローンに残債を上乗せできる事も。基本的には、別のローンへの上乗せはできるものではありません。しかし、残債の程度によっては(多額でなければ)可能なケースもあるので、販売店に相談してみましょう。

NEXT セカンドカーにお得なローン! »
BACK オークション(個人売買)で車を購入 ... ? »

カーローンの比較!

車のローンを比較!銀行や信販会社など、各商品の金利、返済条件、限度額、借入期間、審査時間などの一覧。低金利でお得な商品をチェック!自動車購入や各種費用が必要な方必見!
新車購入 / 中古車購入 / バイク購入 / 運転免許取得 / 車検 / 修理 / パーツ・カー用品 /
個人売買 / 借り換え

カーローンガイド | 車のローンを徹底解説!