カーローンガイド徹底解説!残価設定ローン

車の購入 残価設定ローンで借入

車の購入資金を残価設定ローンで借りる!その仕組み、特徴、一般的な条件、注意点など。
商品を選ぶ前に知っておきたい、残価設定ローンのメリット・デメリットを解説。

あらかじめ残価を差し引く ... ?

残価設定ローンとは、車の購入から一定期間後(3年後など)の下取り価格をあらかじめ残価として設定し、これを車両価格から差し引いた残りの金額を支払うローンの事。新しい形のカーローンと言えるもので、「リース」とは似ていますが異なります。

通常のローンでは、頭金と毎月の返済で車両代金を“全て”支払うのに対し、残価設定ローンの場合、例えば残価設定額が車両価格の50%である場合、残りの“50%”をローンで支払う事になります。よって、仮に同じ期間の返済であれば通常のローンよりも残価設定ローンのほうが毎月の支払額を抑える事ができます。

残価設定ローン

これにより、通常のローンだと手が届かないようなクラスの車であっても、毎月の負担を軽減しつつ自分の車として利用する事が可能となります。

設定された期間(3年後など)ローンを返済すると、例えば上記の場合、車両価格の50%は支払い終わっているはずなので、手元に残るのは購入した車と残りの50%の支払いです。ここで購入者には3つの選択肢があり、

これらのうちいずれかを選択します。
残価設定ローンが「新車が半額で乗れる」などと言われるのはこのような仕組みのためで、「車を返却する」場合は結果的に、車両価格の50%のみをローンで支払う事になります。尚、残価設定額は車種によって異なり、最大で50%です。

残価設定ローンのメリット・デメリット


メリット ...

しかし、デメリット(注意点)は多く、特に注意しておきたいのが以下の事項

デメリット ...

「残価の保証」が有るのか無いのかにより、下取り価格(3年後の相場)を気にせず車を購入できるのか、そうでないのかが違ってきます。「残価の保証」の有無は重要なポイントとして、しっかりと確認した上で契約しなければいけません。

毎月の支払額を抑えられる半面、据え置かれている残価分(50%)に対しても金利がかかります。仮に車両代金を“全て”支払った場合(そのまま車を乗り続ける)、結果的に同じ金利の通常のローンよりも総支払い額が増える事になります。よって、この点もしっかりとした比較・検討が必要です。

その他のデメリット ...

このように残価設定ローンには注意すべき点が多く、最初から3年以上乗り続ける予定であれば、通常の低金利のローンを利用したほうがメリットは多いでしょう。値引きの面でも有利です。「次々と新車に乗り換えたい」といった車が好きな方で、かつ低金利で「残価の保証」が有る場合には、検討してみる価値はあるのかもしれません。

細かい条件は各商品によって異なります。通常のローンとも比較し、あなたの車の乗り方をなども含めて利用すべきかどうかを検討する必要があります。

NEXT カーローン - 借入先の選び方 »
BACK 車のローン - 社内融資 »

カーローンの比較!

車のローンを比較!銀行や信販会社など、各商品の金利、返済条件、限度額、借入期間、審査時間などの一覧。低金利でお得な商品をチェック!自動車購入や各種費用が必要な方必見!
新車購入 / 中古車購入 / バイク購入 / 運転免許取得 / 車検 / 修理 / パーツ・カー用品 /
個人売買 / 借り換え

カーローンガイド | 車のローンを徹底解説!