カーローンガイド審査審査に通らない理由

カーローン 審査に通らない理由は ... ?

車のローンの審査に通らない理由と対策について解説。どういったものがマイナス要因になるのか、事前にチェック。
- 当カテゴリでは、審査における条件・判断基準、商品の情報、アドバイスなどを掲載しています -

利用できない様々な理由

カーローンの審査では、年齢、年収、住所、勤続年数、雇用形態といったように、申込者の信用度を総合的に判断します。そして、これらの要因以外にも様々な判断基準が存在します。審査に通らない場合、金融機関や信販会社はその理由を明確にはしませんが、一般的に審査に通らない理由として挙げられるのは以下。

カーローン以外の借入についての返済が遅れている場合には、通常車のローンの利用はできません。まずはこれらを解消すべきです。そして、他の借入についての返済が遅れていない場合でも、件数・残高が多いとやはり審査に影響します。他の借入との総額や年間の返済額が申込先の基準を超える場合、比較的収入が多い方でも審査に通らない可能性があります。 詳細 » ローンを一本化!

また、申込者が過去にローン事故を起こした事がある場合、信用度は落ちますので審査には不利になります。これは申込者の親・配偶者の過去の情報までも影響します。「ローン事故」とは、自己破産経験(ブラック)や一定期間以上の返済の遅れなどを指します。
詳細 » 車のローン - ブラック(自己破産経験)でもOK?

意外なのが、ローンやクレジット以外の支払の遅れなども、カーローンの審査に通らない理由になるという事。あなたは電話料金などを「いつでも払える」などと何ヶ月分も滞納していませんか?

各金融機関や信販会社は、信用情報機関の「信用情報」のデータを共有しています。そして、各種料金を支払っていない場合、これが信用情報機関にあなたの悪いデータとして残ってしまいます。そうなると当然審査には不利。各種料金、通信販売などの支払いはカーローンの審査に一見関係のないように思えますが、審査には影響しますのでこれらの料金も遅れず支払うよう心がけましょう。

中古車販売店などを経由してカーローンを申込む場合、お店側に問題(審査に通らない理由)がある可能性もあります。販売店の中には、購入者のローン事故が他よりも多いお店、その他、ローン会社にとって何らかの不安があるお店が存在します。そして、このような販売店を経由して車のローンを申込むと、通常よりも審査が厳しくなる事があり、販売店が原因で審査に通らないという可能性も。

よって、そのような場合には購入するお店を変更する必要があります。インターネットを利用して信販会社と直接契約する場合は、販売店の信用度には左右されません。 詳細 » カーローン - 信販会社


購入する車を決定し、希望に合ったカーローン商品が見つかっても、その借入条件に当てはまらない、審査に通らない場合には、何とかして条件の良いものを利用できないかと焦ってしまうものです。

しかしそのような場合に、設定されている申込資格を無視して申込む、短期間に多数の金融機関や信販会社に申込む、といった行為はしないようにしましょう。これらの申込履歴も上記の「信用情報機関」にあなたのデータとして残ってしまいます。

そして、カーローン審査の際には最近の申込履歴も確認されるため、短期間に多数の申込がある場合これも不安材料となり(申込ブラック)、審査には不利になります。

利用できない場合の対策

カーローンはれっきとした「借金」。現時点で車のローン以外の借入についての返済が遅れているのであれば、これ以上の借入は控えましょう。そして、車の購入計画を立て直す必要があります。

確実に返済する計画は立っているが、上記のうちいずれか(あなたの信用度)が理由で審査に通らない場合の対策は、比較的借入条件・審査の甘いカーローンやフリーローンを利用する事のみではないでしょうか(詳しくは次項で解説)。

これらは金利の面では不利になりますが、あなたの目的に合った有利な商品をあきらめずに探してみましょう。

NEXT 車のローン - 審査が甘いのは ... ? »
BACK カーローン - アルバイトや派遣社員は ... ? »

カーローンの比較!

車のローンを比較!銀行や信販会社など、各商品の金利、返済条件、限度額、借入期間、審査時間などの一覧。低金利でお得な商品をチェック!自動車購入や各種費用が必要な方必見!
新車購入 / 中古車購入 / バイク購入 / 運転免許取得 / 車検 / 修理 / パーツ・カー用品 /
個人売買 / 借り換え

カーローンガイド | 車のローンを徹底解説!