カーローンガイド審査審査基準

カーローン 審査基準を紹介

車のローンの審査基準について解説。金融機関や信販会社は、どういった内容の調査を行っているのか。- 当カテゴリでは、審査における条件・判断基準、商品の情報、アドバイスなどを掲載しています -

一般的な判断基準

カーローンの審査基準は各信販会社や金融機関ごとに異なります。

金利の低さと審査の厳しさは裏表の関係にあるもので、一般的に低金利であるほどその審査は厳しくなり、逆に高金利であればその審査は易しくなります。つまり、厳しい審査基準をクリアできる、いわゆる信用力がある人ほど低金利での借入が可能となります。申込先の審査基準をクリアできなければ、希望のカーローンを利用できない、もしくは連帯保証人が必要、という事になります。

車のローンの審査における、一般的な判断基準は以下のものなど。(各リンク先ページではそれぞれの詳細を解説しています。)

年齢
一般的には、年齢20歳以上(未成年者の場合、連帯保証人が必要になる)、完済時70歳以下。

年収
毎月安定した収入があることが前提。また、他の無担保借入(カードローン・キャッシングなど)との総額が年収の50%以内であること、他の借入金と合わせ、年間の返済額が年収の40%以内であることなどをクリアしておきたい。申込資格として「前年度年収○○○万円以上」といったように設定されている場合もある。

住所
アパートや賃貸マンション、借家などよりも、自分名義・家族名義の持ち家のほうが有利になる“可能性”がある。金融機関の扱うカーローン商品では、申込資格として申込者の住所や勤務先の「所在地」が制限されている場合がある。また、居住年数を設定されているケースもある。

勤続年数
同一勤務先に長く勤めている人ほど、審査には有利になる。できれば勤続年数3年以上、理想は5年以上。申込資格として「勤続年数○年以上」といったように設定されている場合もある。しかし、就職内定者や新入社員であっても利用できる商品は多い。

雇用形態
安定した収入がある給与所得者(正社員)が最も有利。それに対し、会社役員、個人事業主(自営業者)、派遣社員、パートタイマー、アルバイトなどは比較的不利。申込資格として「パートタイマー、アルバイト不可」といったように設定されている事もある。

審査に通らない理由
上記以外でも、様々な要素が審査に影響する。特に、他の借入金の件数・残高、返済の滞納、過去のローン事故などが審査に通らない原因になる。

NEXT 車のローン - 年齢 »
BACK カーローンの審査 »

カーローンの比較!

車のローンを比較!銀行や信販会社など、各商品の金利、返済条件、限度額、借入期間、審査時間などの一覧。低金利でお得な商品をチェック!自動車購入や各種費用が必要な方必見!
新車購入 / 中古車購入 / バイク購入 / 運転免許取得 / 車検 / 修理 / パーツ・カー用品 /
個人売買 / 借り換え

カーローンガイド | 車のローンを徹底解説!